ニ ュ ー ス

2008/12/31
JRP大阪支部ニュース 158号 (日本リアリズム写真集団大阪支部)

11月例会報告 
 ◎参加者 梅田 福岡 松村 玉井 三枝 岡田
今月の例会は前半を梅田さんのデジタル写真講習会にしました。作品合評の時間が短かったのですが支部展に向けて力作が集まってきました。


梅田さんによるデジタル写真講座
RAW 画像の取り込みから現像の実際まで実演していただきました。使用したソフトは「ライトルーム」と「フォトショップ」でした。実際の手法や考え方などとても勉強になりました。ただ見ているだけではすぐに忘れるという声も出ました。次回は支部展が終了した後に梅田さん宅で時間をたっぷり取って行うことになりました。


玉井さん 大阪城 カラー
支部展に出品する作品。今回は雪の大阪城をテーマに組むということです。温暖化が進む大阪にあって雪の大阪城は珍しい。それ自体フォトジェニックですからあまり細部を見せないで、抽象的な造形の印象を与えるものを中心に組みました。金の鯱鉾は他の写真とは同居しにくいので省いては?



福岡さん 勝浦の漁港にて モノクロ
今回の支部展に向けて持ってこられた候補作品。イメージの重なりを避けてセレクトしていくと7 枚になりました。出来るだけ説明的な写
真を省きながら組みましたが、何回も見直すことが大切だと思います。枚数をもう少し増やすことも視野に入れながら次回にもう一度セレクトしましょう。




松村さん アジアの子ども カラー
アジア各地を旅行したときの写真。その中で今回は子どもをテーマに組みます。1 枚の集合写真をメインにしながら、働く子どもなどの生活感のある写真で脇を固めていくことにしました。ただネガで撮った写真が大伸ばしが可能かどうか少し検討が必要。



三枝さん 韓国 カラー
韓国を旅行したときの写真。旅行の行程に沿って並べられているので少し散漫な印象をうけました。中にはおもしろい切り撮り方の写真もありますが、支部展への展示作品は地蔵シリーズのほうがいいのではという声が多かった。次回あらためて地蔵シリーズから支部展の出品作品を選びます。


岡田 熊野古道 モノクロ
支部展は今年も「熊野古道と森」をテーマに組みます。すべて新作で組みました。1 0 点に絞りましたが会場の壁面のスペースによって枚数を確定したいと思います。




All right reserved. Copyright JRP OSAKA .