ニ ュ ー ス

2008/03/26
JRP大阪支部ニュース 149号 (日本リアリズム写真集団大阪支部)
3月例会報告 2008.3.24 
 ◎参加者 梅田 玉井 福岡 三枝 岡田
 3月例会は参加者5 名と少なかったのですが新作中心に作品が集まり和やかな内に合評が進みました。



梅田 千早赤阪村の棚田 モノクロ 5枚
   長居公園の梅林  カラー 5枚
 梅が咲き出し、早春を迎えた千早赤阪村の棚田風景。今回は枚数は少なかったのですが、「モノトーンの美しい小屋のある風景、そして春を迎えた棚田を象徴する梅の花のある棚田の風景」と収穫はあったと思います。年間を通しての棚田をくむ場合には必要になってくると思います。これからはタンポポやツクシ、ヨモギなどの草花も棚田を背景にして撮ってはどうだろう。




玉井 カラー 雪の大阪城 多数
 前回の雪の大阪城の中からセレクトして大きく焼いて見せてくれました。石垣を覆う雪とのコントラストが印象的な大阪城です。肉眼見る雪や雨の印象を静止画で表現するのは難しい。あえて遠景をアウトフォーカスにしたり、スローシャッターで撮ったり、撮影時での工夫がもう少し欲しいと思いますが、常日頃撮れない貴重な写真だと想います。焼きにこだわればもっと作品らしくなると思います。



福岡 鞆の浦( 広島)漁港 カラー 約20枚
   森や湖沼の風景 カラー
 歴史を感じる石積みの港や、木製の灯台。何か安らぎを感じる港風景です。町並みや小さな漁船がマッチしていてフォトジェニックす。色彩も落ち着いた発色でいいと思います。でも何かタイトルを付けたり、テーマを考えた場合、なにか足りないものがあるような気がしますが。




三枝 パンダ カラー 約30枚
 アドベンチャーワールで「威厳を感じる動物の風貌」をテーマ撮ったとのことです。確かにそう見える写真もありますが全体として迫り方が弱いようです。もっと近くで動物に接することができる天王
寺動物園にフィールドを移して撮ってはどうだろう。ねらいとしてはおもしろい。モノクロでの表現があってるかも。



岡田 川門(みなと)祭 カラー 約30枚
 今回は串本大島の川門祭に行って来ました。熊野の歴史や風土が少しずつ解ってくると、この地方の祭についても興味が深まってきました。どの地域についても言えることですが、頑固なまでに祭のしきたりややり方を変えないで引き継いでいく人々の伝統に対する責任す。おかげで先人達の息使いをどこかに感じてしまいます。




2008年度 支部総会の開催について
 日 時 2008年4月18日(金)18:30〜
 場 所 梅田東生涯学習ルーム
     2007年度の活動のまとめと新年度の活動の基本や支部     人事(役員体制)について相談します。



お知らせ
★ 次回の例会は支部総会を兼ねます。総会が終わり次第例会をしますが時間は短くなります。活動分担などもありますので極力参加して下さい。欠席の場合は連絡をお願いします。

★ 支部展の会場を探しています。情報があれば連絡下さい





All right reserved. Copyright JRP OSAKA .